教師の働き方革命「学校の先生へ届けたいメッセージ」 ~これからの教育を担う先生の役割~

実はちょこっとだけ先生やったことあります。職員室の中はカオスでした。

ども、生モミマン横山です。今日は教育のお話。

これからの教育を担う先生の役割

鴨さんは子供の時に一緒にドッヂボールをしてくれた先生を忘れられないそうです。まとめます。

  • 学生で触れる大人は少なく、そこから得られる情報は少ない
  • 少ない情報の中で学校の先生が占める影響は大きい
  • 人は大きく感情が振れた時の記憶しか残っていない
  • 子供に好かれる大人になるということが、大きな教育になる
  • 「一生懸命やれ」という暇があれば、自分が一生懸命行って見せればよい
  • 親が何と言おうと、プロとしての志を持って対応して欲しい

 

結論:子供の中での先生の役割は大きいので、一生懸命な姿を見せて子供の記憶に残る(感情が揺れる)ような教育をプロとして心がけてほしい

感想

私の記憶に残っている先生というのは、実はあまりいなくて、体育のY先生という方だけかなと思います。

女性の先生だったのですが、すごくパワフルで教育も人生も楽しんでいるエネルギー感じました。皆に好かれていたと思います。

私が少し教師をしたときにも、先生の中に色々な方がいました。

校長先生にキれる先生、これは仕事と割り切っている先生、毎日町を見回りしている先生。

本当に様々でしたが、「信念をもって子供達のことを想っている先生」は本物でした。

それは先生だけでなく、仕事や会社での関わり合いも同じで、「信念をもって相手のことを想っている人」は伝わって信頼してもらえるんだと思います。

人生まだまだ勉強です。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です