話のわかりやすい人=頭のいい人ではない ~「人に伝える力」を伸ばすコツ~

1ぐらいしかない中身のない話をオノマトペだけで10にできます。

ども、生モミマンです。今日は趣旨を変えて、動画ではなく文章でございます。

https://logmi.jp/business/articles/159315

話のわかりやすい人=頭のいい人ではない
木暮太一氏が指南する、伝え方の法則

「人に伝える力」を伸ばすコツ

こちらもいつも通りポイントまとめてみます。

  • 日本の教育には発信に関する授業がほとんどない
  • わかりやすい流れで伝えなければいけない
  • テンプレップの法則(テーマ・数・結論・その理由・具体例・結論)に沿って話す
  • 話す前に「なんの話をするか(テーマ)」を伝えるだけで変わる

 

結論:まずはテーマを伝えて分かりやすくする(テンプレップの法則にしたがう)

感想

私は、いつも結論から言わないと怒られます。

特にまずい結果の時ほど言い訳が長くなると指摘されます。最悪です。

それを指摘されてからは、まず結論から言うように努力しておりますが、更に今は考えて発言しております。

というのも、経営者はとても忙しいので、結論を求めます。

ただ、経営者が欲しいのは結論ではなくて、前に進めるということなのです。

なので、「XXXはうまくいきませんでした」という結論から報告するのはもちろん大事なのですが、そのあとの「なのでこうします」という代替案が大事かと思います。

そこをしっかりと伝えていきたいと思います。

ブログをフォローする

メールアドレスを記入してフォローすれば、更新を受信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です